将来の安心できる暮らし計画をサポート

あなたのマンションは大丈夫?安心の住まい計画

様々なライフスタイルが広がる中で、分譲マンションの購入は人生における大きな決断の一つです。
「賃貸マンション住まいで、月々の家賃や更新料を払い続けるのが勿体無い!」、「マンションを購入すれば資産にもなる!」など、いいことばかりと考えがちですが、マンションを所有する際にも注意が必要です。

マンション購入の際には、実際の物件の金額に加え、毎月の管理費と修繕積立金の支払いが発生します。購入してしまえば、あとは月々決まった額を支払っていけば大丈夫、というわけではないのが現状です。
特に、マンションの劣化を修復するための費用として設定されている修繕積立金は、大規模修繕費を補えるだけの金額が集められていない無計画なケースが多く、購入後に値上げせざるを得なかったり、臨時集金として徴収される場合があるため注意が必要です。場合によっては値上げと臨時集金が同時に行われることもあるようです。

修繕費用を工面できればまだ良いのですが、資金不足によって工事を先送りにすることで、資産価値が大きく下がってしまうということも考えられます。将来的にマンションを売却することを視野に入れている場合には、資産価値を保っていくことも重要です。

大規模修繕のタイミングがやってきた時に、積立金が足りず思いがけない出費に困惑することがないよう、前もって対策を取ることが大切です。

このサイトでは、修繕積立金破綻のリスクを回避するため、マンション管理に関する理解を深めるための基礎知識と、長期的な住まいの計画を立てるためのヒントをご紹介します。



修繕積立金破綻から家計を守る!住まいの長期計画

多くの分譲マンションは、修繕積立金不足による破綻の危機に晒されていると言われています。 マンションを所有するにあたって必要となる金額を正しく知って管理体制を整えることが、破綻のリスク回避につながります。 マンション管理に関する予備知識を深め、安心して暮らせるよう備えましょう。

内容が重要!長期修繕計画をチェック

長期修繕計画は、これから先必要になるであろう修繕費が盛り込まれて作成されています。 しかし、マンションによっては修繕計画が形式ばり、物件の状況や居住者の要望に即していない内容となっている場合もあります。 また、築年数が経過していても、計画書の見直しがされないままとなっているところもあるようです。

管理を委託する際の注意

管理会社の存在は安心感がありますが、果たして納得のいく管理がなされているかどうかといった確認も大切です。 マンション管理はプロに任せておけば大丈夫、というわけではありません。 知らないうちに損をしていた、ということにならないための知識をまとめました。

トップへもどる