将来の安心できる暮らし計画をサポート

>

修繕積立金破綻から家計を守る!住まいの長期計画

管理費と修繕積立金の内訳を知る

管理費と修繕積立金のうち、管理費は毎月必要となる経費のため比較的額がわかりやすくなっており、内訳を見ても、比較的妥当な金額設定がされている場合が多いです。
それに対して、修繕積立金は10数年に1度といった長期スパンで行われる大規模修繕工事を見越して積み立てる形をとっているため、金額が多く見積もられていたり、修繕箇所が網羅されていなかったりと、内容が曖昧になりがちです。
そもそも修繕積立金とは、マンションにおける共用部分、例えばエレベーターや駐車場、外壁など、経年劣化による痛みを適切にメンテナンスすることで住みやすさを保ったり、バリアフリー化の工事を行うことなどで資産価値を維持・または向上させる目的で積み立てられているものです。
エントランスの装飾が豪華だったり駐車場が機械式だったりすると、それだけメンテナンスにかかる費用も高額になってくるため、設備のチェックも大切です。

大規模修繕費の適正価格を検証する

住宅ローン、管理費、修繕積立金のトータル金額でマンションの購入を決めるのは危険です。
というのも、これらの費用のうち修繕積立金は元の価格が低く設定されていることが多く、住み始めた後に値上がりしたり、臨時集金として徴収される可能性があるからです。
それも、大規模な修繕となるため費用も一戸あたり約50〜150万円と高額です。
元々設定された金額の範囲内で大規模修繕を賄えるのであれば良いのですが、ほとんどのマンションでは修繕費不足の問題を抱えているのが現状です。
ならば最初から修繕積立金を高く設定すれば良いのに…といった疑問もありますが、修繕積立金は購入時にはイメージしにくい費用でもあるため、不動産会社にとっては安い金額を提示しやすい=マンションを販売しやすいといった戦略が見え隠れしています。
そういったカラクリも認識した上で適正価格を検証し、将来的にかかるコストを計算する必要があります。


この記事をシェアする

トップへもどる