将来の安心できる暮らし計画をサポート

>

管理を委託する際の注意

管理会社と不動産会社の関係性

マンションの購入時にはあらかじめ管理会社が決められていますが、その管理会社と、マンションを販売する不動産会社がグループ関係ということも多くあります。一貫して販売から管理までを行なっていると聞くと安心かとも思えますが、逆に一社の独占状態になることで適正な価格を把握しにくく、高額に設定されてしまう場合もあります。
また、不動産会社がマンションを販売しやすいよう、初めは修繕積立金を安く設定し、販売後に費用の値上げや臨時集金を通して不足金を回収するといった図式が成り立っているパターンもあります。
全ての業者がそうとは限りませんが、今一度自身の管理会社の体制を見直してみることもオススメです。
大手だから安心というよりは、しっかりと自身のマンションの要望に寄り添った管理をしてくれているかが重要です。
担当管理会社の対応が今ひとつといった場合には、別の会社に乗り換えることも選択肢の一つでしょう。

決定権は管理組合にあるという意識

忙しい社会の中で、マンションの管理まで自分たちでやれない、だからこそ管理会社が存在しているのでは、という考えも勿論納得です。しかし、管理会社に任せきりにしていたことで、いつの間にか不必要な出費が発生していた…というケースも少なくなく、できれば防ぎたいものです。
管理会社によっては修繕計画が一辺倒であったり、一度立てられた修繕計画が何十年もそのままといったことも無きにしもあらずです。本来であれば、大規模修繕が行われるたびに計画の見直しがされると、より適正な修繕計画がなされ資金も集めやすくなります。
実際の修繕積立金や修繕計画の決定権はあくまでも居住者である管理組合にあるので、日頃から管理会社との信頼関係を深め、居住者自身で納得のいく修繕工事内容とそれに見合った修繕積立金を検討していくことで、これから先も安心して暮らせる管理体制に変えていくことができるでしょう。


この記事をシェアする

トップへもどる